アダルトファンクラブサービスごとの違いを徹底比較【国内・海外】

国内・海外:アダルトファンクラブサービス徹底比較

このページでは…、
国内・海外 – アダルトファンクラブサービスごとの違いを徹底比較
で、わかるように解説をおこないます。

『アダルトファンクラブサービス』とは、OnlyFans(オンリーファンズ)Fantia(ファンティア)のように、アダルト動画・アダルト画像を月額有料制で公開して、ファンクラブ会員費を徴収できるプラットフォームのことです。

 

たとえば、Tiktokやインスタグラムの投稿で有名人になり、ファンクラブ会員限定でエッチな画像や動画を投稿することにより、月50万円~100万円以上の収益を稼ぐことができるようになります。

アダルトファンクラブごとの違いを徹底比較:

このページでは、アダルトファンクラブごとの①登録のしやすさ、②知名度、③手数料、④機能の使いやすさ、⑤日本人向けかどうか、などの項目に分けて、それぞれの違いを徹底比較でわかるように解説しますね。

もしあなたがアダルトファンクラブで収益化を狙うなら、まずはサービスごとの違いを理解していきましょう。

このページの信頼性:

ちなみに、このページを書いている僕自身が、オナニーの収益化により毎月安定した収益を稼いでおり、このページで解説している内容の信頼性はあるかと思います。

ただ今期間限定でハブ太郎公式LINE@【@923pimnk】に登録していただければ、定価29800円で販売している有料教材「ポルノハブとファンクラブで月100万稼ぐまでのロードマップ」を無料プレゼント!

※数がなくなり次第終了します

【国内・海外】アダルトファンクラブごとの違いを徹底比較

というワケで、このページでは『アダルトファンクラブサービスごとの違い』をわかるように徹底比較で解説していきます。

アダルトファンクラブサービスごとの違い:

OnlyFans Fansly FanCentro myfans Candfans ファンティア ファンボックス ManyVids

それぞれの違いを、見ていきましょう。

1.Onlyfans(オンリーファンズ)

世界的にも知名度の高いアダルトファンクラブ

  • 知名度:★★★★★(とくに海外)
  • 手数料:★★★☆☆(20%)
  • 使い勝手:★★☆☆☆(使いにくい)
  • 収益引出し:★★★★☆(日本の銀行OK)
  • 登録のしやすさ:★★☆☆☆(パスポート必須)
  • 支払い方法:★★★☆☆(クレジットカード)
  • 風営法の届出:求められない

まず、世界的にも知名度のたかい海外アダルト収益化プラットフォームとして「Onlyfans(オンリーファンズ)」があります。

Onlyfans – メリット:

  • 知名度がたかく、集客がしやすい
  • 海外ユーザーに広く浸透している
  • 日本の銀行に、直接引き出しできる
  • 途中からのプラン変更が可能

このように、世界的にも抜群の知名度があり、ファンクラブの集客(特に海外ユーザー)から登録されやすい。というメリットがあります。

Onlyfans – デメリット:

  • クリエイター登録に手間がかかる(パスポートによるWebカメラ認証が必須)
  • 機能がやや使いにくい(ユーザー検索がIDのみ)
  • 共演者モデルもパスポート登録が必須

Onlyfansの一番大きなデメリットとしては、海外サービスであるがゆえに「かならずパスポートの提出とWebカメラによる顔認証が必要になる」という点です。

パスポートは1万2千円ほどで作成できますが、Webカメラによる認証が審査に通りにくいので、何度かくりかえし再申請することがあります。

世界的な知名度がある反面で、やや投稿機能なども使いにくいのがOnlyfansのデメリットです。

OnlyFansは、海外ユーザー向け中心で考えるなら、活用すべきアダルトファンクラブサービスですね。

※日本の銀行に、直接日本円で収益を引きだすことができます。

Onlyfansの登録方法・使い方はこちら

2.Fansly(ファンズリー)

Onlyfansより使いやすい/機能が豊富

  • 知名度:★★★★☆(とくに海外)
  • 手数料:★★★☆☆(20%)
  • 使い勝手:★★★★☆(使いやすい)
  • 収益引出し:★★★★☆(日本の銀行OK)
  • 登録のしやすさ:★★☆☆☆(パスポート必須)
  • 支払い方法:★★★☆☆(クレジットカード)
  • 風営法の届出:求められない

Fansly(ファンズリィ)も、Onlyfansとおなじく海外展開をメインとしているファンクラブプラットフォームです。

最近、OnlyFansからFanslyへサービスを乗り換えて利用する動きが高まっており、Onlyfansへの追い上げを見せているサービスとなります。

Fansly-メリット

  • Onlyfansよりも使いやすい(直感的にわかる)
  • 日本語の言語表示にも対応している
  • クリエイター紹介制度がある

このように、Fansly(ファンズリー)ではOnlyfansよりも改善された機能を提供しており、似たようなサービス内容でもOnlyfansより使いやすいのが特徴です。

Fansly-デメリット

  • パスポート認証が必須(自撮り画像を提出)

Fanslyのデメリットはパスポート提出による認証が必要となる事ですが、機能的にはOnlyfansよりも優れており、使いやすいですね。

検索機能などもOnlyfansより強化されており、サイトもシンプルで使いやすいため、元OnlyfansユーザーからFanslyへの移行が進んでいる状況がありますね。

日本語での言語表示にも対応しており、Onlyfansよりも改善された機能を提供しています。

※Onlyfansよりも、Fanslyの方が使いやすいですね。

3.FanCentro(ファンセントロ)

Onlyfansより使いやすい/機能が豊富

  • 知名度:★★★☆☆(とくに海外)
  • 手数料:★★★☆☆(20%)
  • 使い勝手:★★★★☆(使いやすい)
  • 収益引出し:★★☆☆☆(暗号資産など)
  • 登録のしやすさ:★★☆☆☆(パスポート必須)
  • 支払い方法:★★★☆☆(クレジットカード)
  • 風営法の届出:求められない

FanCentro(ファンセントロ)も、Onlyfansと同様に海外で知名度のあるアダルトファンクラブサービスですね。

プラットフォームの使い勝手は、Onlyfansよりも使いやすいです。

FanCentro – メリット

  • Onlyfansよりも使いやすい(直感的にわかる)
  • 無料でも見れる画像を公開できる
  • 日本語の言語表示に対応している
  • チップ報酬がある

Fansly-デメリット

  • 引きだし可能な方法が暗号資産のみ(日本の場合)

FanCentroも、プラットフォームの使い勝手としてはOnlyfansより直感的で使いやすいですが、日本人が収益を引きだす場合には「暗号資産(USDT)」での収益受け取りに制限されてしまいます。

日本の銀行口座へ収益を直接引き出しできないことが、FanCentroの悪い点です。

機能的にはOnlyfansより使いやすいですね。

参考:FanCentro(ファンセントロ)の登録方法から使い方まで徹底解説

4.myfans(マイファンズ)

日本国内のアダルトOKファンクラブ

  • 知名度:★★★☆☆(日本国内)
  • 手数料:★★★★☆(17.5%)
  • 使い勝手:★★★★☆(使いやすい)
  • 収益引出し:★★★★★(日本の銀行口座OK)
  • 登録のしやすさ:★★★★★(免許証・保険証もOK)
  • 支払い方法:★★★☆☆(クレジットカード)
  • 風営法の届出:求められない

myfans(マイファンズ)は、日本国内の日本人向けのアダルトOKの月額ファンクラブサービスです。

myfans – メリット:

  • 日本語が標準で、日本人向けサービス
  • 日本の銀行口座へ引き出しできる
  • 複数のプランを設定できる
  • 登録が簡単で使いやすい
  • 共演者の情報入力なし

myfans(マイファンズ)は、国内の日本人向けサービスとして提供されており、公式にアダルトOKを宣言していますので、安心してアダルト収益化に利用していくことができます。

プラットフォーム自体も使いやすく、複数のプラン設定機能や無料で公開する設定も利用できるため、日本人向けで効率よく収益を稼いでいくことができます。

myfans – デメリット

  • 外国人向けのサービスではない
  • 知名度がそれほど高くない

myfans(マイファンズ)は、国内の日本人向けのアダルト収益化プラットフォームとしてはかなり優れています。

ただ、海外ユーザーからは登録されにくい点と、知名度がそれほど高くないことがデメリットとなります。

かなり使いやすいサービス内容です。

myfansの登録方法・使い方はこちら

5.Candfans(キャンドファンズ)

国内対応だが、やや使いにくい

  • 知名度:★★★☆☆(日本国内)
  • 手数料:★★★☆☆(20%)
  • 使い勝手:★★☆☆☆(やや使いにくい)
  • 収益引出し:★★★★★(日本の銀行口座OK)
  • 登録のしやすさ:★★★★★(個人認証必要なし)
  • 支払い方法:★★★☆☆(クレジットカード)
  • 風営法の届出:求められない

Candfans(キャンドファンズ)は、myfansと同様に国内の日本人向けのアダルトファンクラブ収益化プラットフォームです。

myfansと比較すると、やや機能の使いにくさがありますが、リニューアル等で改善されつつあります。

Candfans – メリット:

  • 日本人向けで確実にアプローチできる
  • とにかく登録がかんたんにできる
  • 日本の銀行口座へ引き出しできる
  • 共演者モデル登録が必要ない
  • アフィリエイト制度がある

Candfansでは、クリエイターを紹介することで収益を得られるアフィリエイト制度があるのが1つの特徴です。

Candfans – デメリット:

  • 検索機能がやや使いにくい
  • 知名度がそれほど高くない
  • 全体的にやや使いにくい

myfansと比較すると、全体的にやや使いにくく感じるのがCandfansのデメリットです。サービス内容としてはmyfansとほぼ同等の内容です。

Candfansとmyfansどちらを選ぶか?と言われれば、わたしの個人的な意見としてはmyfansをおすすめしたいと思いますね。

Candfansの登録方法・使い方はこちら

6.ファンティア

国内での知名度抜群、
株式会社とらのあなが運営

  • 知名度:★★★★★(日本国内)
  • 手数料:★★★★★(10%)
  • 使い勝手:★★★★★(かなり使いやすい)
  • 収益引出し:★★★★★(日本の銀行口座OK)
  • 登録のしやすさ:★★★★★(免許証もOK)
  • 支払い方法:★★★★☆(クレジットカード・コンビニ・銀行決済)
  • 風営法の届出:各自、届出必要です

Fantia(ファンティア)は、国内では知名度抜群のファンクラブ・2次創作・同人活動用の収益化プラットフォームであり、非常に使い勝手がいいです。

ただし、1つ注意点として、あくまでFantiaは他の分野で創作活動の実績があるユーザー向けの収益化プラットフォームであり、純粋にハメ撮り作品のみを公開しているユーザーは登録することができません。

Fantiaで収益化をおこなうためには、YouTubeやコスプレなど、エロ系分野以外での活動実績が必要となります。

Fantia – メリット:

  • 国内での知名度が抜群に高い
  • クレジットカード以外にも対応している
  • 日本の銀行口座に引き出しができる
  • 画面がみやすく、使いやすい
  • ファンクラブ公開のほか、個別販売もできる

このように、非常におおくのメリットがある反面、Fantiaでアダルトファンクラブを開設するには、YouTubeなどの外部での十分な活動実績が必要となります。

Fantia – デメリット:

  • 十分な活動実績がなければ、ファンクラブを開設できない
  • モザイク処理(隠ぺい処理)の基準がシビア
  • 海外ユーザーには登録されにくい

このように、FantiaはコスプレやYouTubeなどクリエイター向けのファンクラブであり、単にハメ撮り撮影をしているだけでは、ファンクラブを開設できない点がデメリットになります。

※ファンティアでアダルトファンクラブを開設するには、YouTubeやコスプレでの活動実績が必要となります。

7.pixivファンボックス

ハメ撮りなど実写はNG

  • 知名度:★★★☆☆(日本国内)
  • 手数料:★★★★★(10%)
  • 使い勝手:★★★★★(かなり使いやすい)
  • 収益引出し:★★★★★(日本の銀行口座OK)
  • 登録のしやすさ:★★★★★(メールアドレス認証)
  • 支払い方法:★★★★☆(クレジットカード・コンビニ・銀行決済)
  • 風営法の届出:求められない
※ハメ撮り動画・オナニー動画など、実写のアダルト動画は収益化できません。

このように、pixivFANBOXでは、クリエイター支援サービスとしてpixivにより運営されています。

プラットフォーム自体の利便性はたかく優秀なのですが、ハメ撮り動画やオナニー動画など、3次元の実写映像についてはpixivFANBOXで収益化することができません。

優秀なプラットフォームですが、
実写のアダルト動画は収益化できないですね。

8.ManyVids(メニービズ)

海外のアダルト動画
収益化プラットフォーム

  • 知名度:★★☆☆☆(海外)
  • 手数料:★★★☆☆(20%)
  • 使い勝手:★★★★☆(使いやすい)
  • 収益引出し:☆☆☆☆☆(日本へ引き出せない)
  • 登録のしやすさ:★★☆☆☆(パスポート必須)
  • 支払い方法:★★★★☆(クレジットカード・暗号資産)
  • 風営法の届出:求められない
※収益を日本の銀行口座へ引き出すことができません。

このように、ManyVids(メニービズ)は、カナダのモントリオールに本拠を置く、アダルト収益化ファンクラブプラットフォームです。

ファンクラブ収益化のほかにも、アダルト個別販売、チップ報酬、ライブ配信など、さまざまな収益化方法が利用できるManyVidsですが、日本の銀行口座へ収益を引きだすことができません。

収益を引きだすことができないため
日本人は利用しないほうがいいですね。

国内・海外 – アダルトファンクラブサービス徹底比較:まとめ

というワケで、このページでは『国内・海外のアダルトファンクラブサービス徹底比較』について、わかるように解説をおこないました。

内容ごとに振り返ると…、

アダルトファンクラブ徹底比較:

  • Onlyfans:海外知名度No.1
  • Fansly:Onlyfansより使いやすい
  • FanCentro:Onlyfansより使いやすい
  • myfans:日本国内・アダルトOK
  • Candfans:myfansより使いにくい
  • ファンティア:クリエイター活動必要
  • ファンボックス:実写アダルトはNG
  • ManyVids:日本へ引き出しできない

このように、アダルトファンクラブサービスごとにそれぞれの特徴があります。

 

ファンティアでは、YouTubeやコスプレ等のクリエイター活動をおこなっているユーザーのみがアダルトファンクラブを開設できます。

ですから…、

  • 国内アダルトファンクラブであれば「myfans」
  • 海外アダルトファンクラブであれば「Onlyfans」

こちらを利用しておくのが無難ですね。

Onlyfansは海外ですが、日本の銀行口座へ収益を引き出すことができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました